ホーム > スポンサー広告 > 【ガソリン】車の給油口の位置を一瞬で見分ける方法ホーム > 雑学 > 【ガソリン】車の給油口の位置を一瞬で見分ける方法

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    【ガソリン】車の給油口の位置を一瞬で見分ける方法

    給油口タイトル

    【所要時間:3分】


    このエントリーをはてなブックマークに追加

     

    おはようございます。ウラケンです。

     

    ガソリンを入れるとき、給油口が左右どちらに有るのか、ド忘れする事って有りませんか?

     

    自分の車ならモチロン覚えていますが、会社の色んな車を運転する事が有る人は、特に忘れやすいと思います。

     

    安心してください。書いてありますよ。

     

    --sponsored link--

     

     

    給油口の見分け方

    目次 (タップでジャンプ)

     

     

     

     

    1.簡単な見分け方

    給油口

    給油口の位置が左右どちらに有るのかは、実はほとんどの車の場合、運転席から見えるところに書いてあります。

     

    画像のようにスピードメーターの近くに、ガソリンの残量メーターが有ると思います。

     

    その残量メーターのガソリンマークに書いてある矢印の方向に、給油口は付いています。

    この画像の場合は左になります。

     

    中には矢印が書いていない車も有りますが、ほとんどの車には書いてあるそうなので、知らなかった方は次回乗るときに見てみてください。

     

     

     

    2.給油口の位置の決め方

    マフラー

    ではなぜ給油口は車によって左右の位置が違うのでしょうか?

     

    調べてみると色々な説が出てきましたが、一番有力なのは「マフラーの位置と逆方向」に付いているという意見です。

     

    これは安全性を考慮して給油口とマフラーを最も離れた位置に設置しているという事です。

     

    ただ、中にはこの説に否定的な意見も有り、マフラーの排気口が中で延長されて繋がっているのだから、いくら逆に設置しても意味が無いという意見も有りました。

     

    確かにマフラーの位置と同じ方向に給油口が付いている車も有るそうです。

     

    しかし、実際はほとんどの車がマフラーと逆方向に給油口が付いているのは事実なので、安全性を考慮しての位置というのは間違いないでしょう。

     

     

     

    3.まとめ

    いかがだったでしょうか。

     

    ほとんどの人が知ってる事だったとは思いますが、中には何人か知らない人もいると思います。

     

    もし、身近な人で給油口の位置を忘れてしまっている人が居たら、教えてあげてください。

     

     

    最後に、いつも読んで頂いて有難うございます。

    役立つ情報や、面白い記事を毎朝7:30に更新していますので、よかったらまた遊びにきてください。

     

    おすすめの子育てブログはコチラ

    にほんブログ村 子育てブログへ

     

    《この記事をSNSで共有する》

    --sponsored link--


    コメント

    No title
    こんばんは。どーもとです。


    先日久しぶりに運転しまして、給油する時に給油口がわからなくて困ったんですが、ウラケンさんのこの記事を思いだして助かりました!!

    ありがとうございました^^
    >どーもとさん
    おぉっ!そうだったんですね♪

    役に立てて良かったです。

    管理者のみに表示

    トラックバック

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。